緑がおいしい青汁は特保で便通改善効果があり!

緑がおいしい青汁は特保で便通改善効果があり!

midori2

1・緑がおいしい青汁は、特保!

 

最近「特保」ってよく聞きますよね?

特保とは、「特定保健用食品」のことを言います。

では、特定保健用食品とは?

なんとなく体にいいことはわかりますよね。

いったいどこが管理しているんでしょう?

それは、消費者庁長官なんですね。

「この商品は、体の調子を整えるなどの効果が期待できる!」

と認めたものに、この特定保健用食品の称号を与えられます。

簡単な審査ではないため、特保の称号を持つ製品は、それほど多くはないんです。

そんな特定保健用食品と認められている青汁は、私の知る限りでは、この製品を含めて、2製品しか知りません。

特保にしか認められない効果、効能の記載ができる商品ですよ。

2・緑がおいしい青汁で便通改善。

健康維持に、食物繊維は欠かせませんよね?

体の中の老廃物などをキレイに吐き出してくれます。

しかし、そうは言っても、なかなか改善されない商品も実は多いんです。

そんな中、緑がおいしい青汁は、結果をしっかり出していますね。

2-1・緑がおいしい青汁で排便の回数が増える!

まず、緑がおいしい青汁を飲むことで、排便の回数が減ったという結果が出ています。

少し汚い話で申し訳ないんですが、引用前は週に4.2回だった排便が、緑がおいしい青汁を飲むことで、5.8回に増えたという実験結果が出ています。

「たかが、1.6回増えただけじゃん!」

なんて言わないでくださいね。

この1.6回が体に与える影響は、大きんですよ。

1.38倍

2-2・緑がおいしい青汁で排便の量が増える!

そして、緑がおいしい青汁を飲むことで、排便の量も増えるんです。

排便の量が増えたから、当たり前なのでは?

って思いますよね?

いえいえ、そうではありません。

排便の回数が、約1.38倍に増加。

そして排便の量が、約1.37倍に増加。

しかし、食べる量が1.37倍に増えたわけではないんですよ?

凄いですよね!

これだけ体内には老廃物が蓄積するってことですよね。

2-3・便通改善に、「難消化性デキストリン」が活躍!

では、一体なぜ緑がおいしい青汁は、便通がよくなるんでしょう?

それは、緑がおいしい青汁には、「難消化性デキストリン」が含まれていることが要因です。

難消化性デキストリンは、とうもろこしのでんぷんから、作られた、水溶性の食物繊維です。

えっ?人工的に作られた成分なの?

大丈夫?

と思っている方も安心してください。

厚生労働省許可による特定保健用食品です。

3・国産無農薬ケールの驚くべき力とは?

緑がおいしい青汁は、国産無農薬のケールを使用しています。

ケールが体にいい。

栄養がたくさん含まれていることは有名ですが、どれだけすごいんでしょう?

栄養があるトマトと比較してみましょう。

「カロテン」・・約5倍。

「カリウム」・・約2倍。

「ビタミンC」・・約5倍。

「食物繊維」・・約3.7倍。

「カルシウム」・・約31倍。

「鉄分」・・約4倍。

「ビタミンB2」・・約8倍。

どうです?

ケール恐るべき栄養の多さです。

そんなケールがおいしく飲めるのは、「緑がおいしい青汁」なんですね。